検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


読谷山花織   新垣 澄子


認定部門: 製織部門

従事年: 昭和56年より現在の仕事に従事

認定年度: 平成6年度

得意な技法: 緯綜絖花織・経綜絖花織・縫取花織の技法に精通しておりこれに経・緯絖が加わるものを得意とする。

主な製品: 読谷山花織に着尺・帯地 等

受賞歴:
1986(昭和61)第8回沖縄県工芸公募展「最優秀賞」  1988(昭和63)第5回読谷山花織特別展「議会議長賞」  1989(平成元)第13回全国伝統的工芸品公募展「内閣総理大臣賞」、第6回読谷山花織特別展「奨励賞」  1990(平成2)第7回読谷山花織特別展「奨励賞」  1993(平成5)第10回読谷山花織特別展「村長賞・議会議長賞」  1995(平成7)第20回全国伝統的工芸品公募展「通商産業大臣賞」  2003(平成15)第38回西部伝統工芸展「九州朝日放送賞・福岡三越賞」  2004(平成16)第39回西部伝統工芸展「沖縄タイムス社賞」  2006(平成18)第41回西部伝統工芸展「福岡市長賞」  2007(平成19)第42回西部伝統工芸展「沖縄県知事賞」

ひとこと:
読谷山花織に従事し32年になります。平成22年からよみたん民泊協力会の会員となり、本土からの修学旅行生(中学生・高校生)を自宅に宿泊させて、民泊体験としてコースター織りを経験させ、伝統的工芸ふるさと体験交流を実施している。


 読谷山花織について



※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。