検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


東京銀器   上川 一男  《 雅号: 宗照 》


認定部門: 造形部門

従事年: 昭和36年より現在の仕事に従事

認定年度: 平成17年度

Eメールアドレス:
nisshin@big.or.jp

ホームページ:
www.21.big.or.jp/~nisshin/

得意な技法: 鍛金技法のなかでも高度な技術力を要する打込象嵌技法や、タガネを用いた彫金加工などの伝統技法を中心に、均一に表面を加飾する槌目打ち技法等、打出し技法を得意とする。

主な製品: 常陸宮殿下御成婚記念純銀製の銚子や、大相撲NHK杯銀杯の製作、バトミントン世界大会純銀優勝トロフィー、貴金属美術工芸品、宝飾品全般の製品を製作しております。

受賞歴:
平成十八年 東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞を受賞
平成十四年 東京都台東区優秀技能者伝統的産業部門を受賞
昭和五十七年 東京貴金属工芸展工業協同組合コンクール入賞
昭和五十六年 日本貴金属宝飾品製造卸組合連合コンクール入賞

ひとこと:
江戸末期から9代続く技を継承した父が初代宗照として昭和39年に創業しました。昭和52年に2代目宗照を継承し現在では親子5名伝統工芸一家として研鑽を積んでいます。


 東京銀器について




※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。