検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


江戸押絵   京極 壽一  《 雅号: 琴山 》


認定部門: 総合部門

従事年: 昭和33年より現在の仕事に従事

認定年度: 令和2年度

ホームページ:
www.kasukabe-tokusan.jp/5kyu_tokusan/hagoita/kinzan/kinzan.html

得意な技法: 江戸押絵、面相、日本画の技法を用いて下図から製作する。

主な製品: 押絵羽子板、江戸押絵

受賞歴:
*1962年 押絵作家協会青年勉強家の初代会長に就任し、国立劇場資料室に羽子板工程額を寄贈。
*1986年 NHKドラマ、中村吉右衛門主演「武蔵坊弁慶」が放映され、これにより二尺五寸の羽子板「武蔵坊弁慶」を製作、来日中のチャールズ皇太子、ダイアナ妃に贈呈。
*ドイツのシーボルド美術館にも京極寿一氏作成の羽子板が数点所蔵されている。
1991年 平成3年 第14回埼玉県伝統的手工芸品展(財団法人 埼玉県伝統工芸協会主催)において優秀賞受賞
1994年 平成6年度 埼玉県指定伝統工芸士
2013年 平成25年度 埼玉県伝統的手工芸品 産業産地功労賞 受賞

ひとこと:
江戸より変わらぬ技法にて押絵を作成し、この技法を後世まで伝える様に後進に指導したい。



※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。